さて7月

未分類
スポンサーリンク

さて7月

予定では東京オリンピックが開催されるはずだった7月ですね。
緊急事態宣言が解除されて1ヶ月以上は経過しましたが、やっとプロ野球やサッカーJ1が無観客で実施されるようになった段階。
そろそろ観客入れるようなニュースが出てたかな。

東京ディズニーランドの再開など徐々に進みつつあるという感じもしますが、
東京の感染者数も増加傾向でなんともなぁというところ。

ニューノーマルという単語をよく見かけますが、模索が続くという感じですか。
あまり閉じこもっていてもストレスたまります。
この状況下でも楽しく過ごす方法なんかあるかな。

定着の兆し

富士通がオフィス半減なんてニュースにもなってますが、民間企業レベルでは、
リモートを活用した働き方というのが、どのレベルに落ち着くかはわかりませんが
今後も継続されていくだろうという動きが見えてきています。

働き方という点では、柔軟性が高まっていくのかな。
それはありがたい話です。これだけ共働きの家庭が増えている中で、旧態然とした勤務時間固定の8時間労働では共働きで子育てしている家庭の生活はまわらないと思っていますので。

本来は法制を時代に合わせるべきと思いますが、市場の変化がそれを推し進めいく状況になってきているでしょうか。良い変化は歓迎したいですね。

分散の発想

人が集中することを避けるべき世の中になっていますので、分散、というのがキーワードなのかなぁと思います。

満員電車なんかが象徴的ですが、集中することが大好きな日本人。みんな同じタイミングで学校入って、卒業して一括新卒採用で就職するように、みんな一緒、が染み付いている感じですよね。新卒採用なんてチャンスは一度きりですからね。今回のコロナで影響受けた学年の人はどういう想いなんでしょう。9月入学の話なんかも一律同じタイミングで入学が前提の議論で選択肢増やそうという議論にはならないもんなぁ。

話がそれましたが、近所に買い物に行くにしろ、外食するにしろ、旅行に行くにしろ、ピークを避けて混雑を避けるということだと、分散して平準化する必要がありますね。飲食店などは、店内の座席を間引いてたりしますから、ピークで取りきれないところを他で取らないといけません。

みんな一緒に、が好きなことで感染を抑制している面はあるのでしょう。けれど、今後を考えるということだと、みんなばらばらで、分散して行動しましょうというのがいいですね。遊びの計画たてるにしても何をするにしても、みんな一緒の発想から分散の発想に切り替えて考えるのがいいのかなぁと思います。

タイトルとURLをコピーしました