クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

なにかあたらしいことを始めるいいタイミングなのかもしれませんね




兼業・副業の話

最近、兼業や副業に関するニュースが多くなったように感じます。 先日閣議決定された成長戦略にも兼業・副業、フリーランスのという働き方に対する法整備に関する内容が盛り込まれていました。 もともとの状況に対してコロナの状況が加わって、兼業や副業の必要性が高まってきたという感じでしょうか。

労働人口の減少の中、個々の生産性をあげなきゃ成長は難しいという状況で、 余っているところから必要なところに労働力を提供したり、個々のスキルアップを促して生産性あげたりというということを目論んでいるのかな。 本業の経験を他のところで活用したり、他のところでの経験を本業に活用したりという中で両方を実現できる、 という考えで成長戦略の中で押されている話なんでしょうね。

環境的にはね

実際、テクノロジーが進化して時間や場所に固定されず柔軟に働ける環境になってきて、 物理的な制約は無くなって来ています。 働き方に関して、コロナの発生で、在宅勤務やオンライン会議などを体感して、だいぶ空気感が変わりましたね。 なんだ、出社しなくても仕事できるんだね、という。意外とこの空気感が大事そうな気がします。同調圧力の国ですから。

物理的な環境、制度整備、空気感の変化が揃ってくると、これからけっこう働き方が変わってくるかもしれません。 個人がいろんなことして稼げるという状況になってくると、 能動的に動ける人は稼げて受動的な人は現状維持か下降していくということになりかねないような気がしてきます。

備えるのにいいタイミングかも

新しいことを勉強したり、副業始めたりということをやってみるいいタイミングなのかもしれません。 本業のほうで時間がないなぁという人は本業を徹底的に効率化したりということが必要かもしれないですね。 本業への過剰な時間の投資が有効ならいいですが、本業が斜陽になったりすると悲しいことになるかもしれないですし。

遊びに行きづらい状況なんでちょうどいいかもしれません。

おまけ

参考リンクや関連の過去記事。