クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

令和2年版情報通信白書は5Gがテーマ




情報通信白書はけっこう面白いと思ってます。 令和2年版が公開されたので見てみてはいかがでしょうか。

令和2年版情報通信白書

令和2年版情報通信白書が公開されていますね。令和2年版のテーマは5Gのようです。

www.soumu.go.jp

令和元年版はなかなか面白かったですが令和2年版はどうでしょうか。

第1部は"5Gが促すデジタル変革と新たな日常の構築"ということで、 今年から始まる5Gとコロナ後という状況も加味した新たな日常というところを 引っ掛けて書かれている感じで、読み応えのある内容になってます。

これだけ世の中が通信を前提とした社会になっているわけで、 情報通信白書は世の中の状況を知るのになかなか良い読み物かなと思います。 無料公開されているので眺めてみると良いかと思います。

とはいえなかなかのボリューム、下記あたりをさっと読んでみるといいかなと思います。

  • 「第1部2章 5Gがもたらす社会全体のデジタル化」
  • 「第1部3章 5G時代を支えるデータ流通とセキュリティ」のコラム
  • 「第1部4章 5Gのその先へ」

こどもの未来を想うとき

令和元年版の情報通信白書は、平成の通信環境の進化を振り返るという内容でした。 平成の30年間の間で、どれだけの変化があったのかを再度認識し、 当時想像もつかなかった現状に対して、変化への対応に柔軟でいたいなということを思いました。

令和2年版では、第1部4章で2030年代の社会像というものに触れられています。 こどもが将来生きていく環境を考えたとき、それを見据えて教育をしてあげたいと思いますし、 こういう見方もあるというところを知っておくのはいいことなんじゃないかと思います。

おまけ

5Gの対応範囲はキャリア各社まだ限定的なようですが、一度試してみたいですね。 iphoneが5G対応するのいつなんでしょうね。

あと、令和元年版の情報通信白書を見てない方は平成の歴史が意外とおもしろいので見てみてもいいかと思います。

以下参考。