クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

面白い創作のフレームがあるのを知りました|54字の物語

54字の物語というのがあるのを知りました

「54字の物語」とは?
9マス×6行の「正方形の原稿用紙」に収められた「54字の物語」は、短いからこそ「意味がわかるとゾクゾクする」究極の短編小説として、いまTwitterをはじめとするSNSで話題になっています。
「54字の物語」シリーズ〜SNS映え文学賞で話題!究極の短編小説|PHP研究所

面白いことを考える人がいるのですね。スマホの時代って感じがすごいします。 俳句のような、制限があるからこそ洗練される表現、その現代版、というところでしょうか。

試しに作ってみた

ジェネレーターで作成してみました。

この投稿をInstagramで見る

#54字の物語

y mさん(@yusukmm120)がシェアした投稿 -

SNSや書籍で楽しめるようです

短い文章の中で、情景が一変するようなトリックの効いたものが、SNSに投稿されてコンテストも行われているようですね。 トリックの効いたものも面白いですが、情緒的ものなど、いろいろと発展しそうなフレームだと思いました。

作者側の思い描く内容を字数制限で表現しきれないことが、逆に読み手の想像を掻き立てるような、だからこそ読み手は自分の好きな情景を思い浮かべて楽しめるような、そんなものが書けると面白いかもしれません。

見た目が原稿用紙表現なのも、味があって良いですね。

良作は書籍化されているみたいですよ。

意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語

意味がわかるとゾクゾクする超短編小説 54字の物語

ジェネレーターがあり、こちらで気軽に作れます。

ujiqn.github.io