クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

人生100年時代の考え方|老後資金2000万円問題?の金融審議会報告書

今週のお題「理想の老後」

老後と言っても、先の話すぎてイメージがわきませんが、はてなブログのお題にチャレンジ。

長寿時代の老後資金

以前、老後資金2000万円問題というのが、話題というか、ちょっとした騒動になっていたようですね。 金融審議会の市場ワーキング・グループ報告書の中に記載されていた内容で、 年金収入のみだと、老後の毎月の家計の赤字が5万円、30年生活すると約2000万円の貯金などから取崩しが必要というもの。 老後30年、人生100年時代を意識した数字のようです。長生きな分、お金必要ですよと。

数値の根拠がどういうものなのかよくわかっていませんが、家計調査なのかな、 毎月の年金収入20万円に対して、支出25万円で赤字を垂れ流し続けるとそうなりますよ、という話。 実際は赤字が続けば節約したりすると思うので、若干乱暴な話の持っていきかたのような印象も受けますが、 人生100年時代という状況の変化を認識し、備える必要があると言いたいのかなと思います。

対応としての資産形成・管理

老後資金の確保ということでは、収入を増やすことや支出を減らすことなどもありますが、 金融審議会の資料なので、金融に関する報告がされているわけです。 長寿時代の備えとしての資産形成の考え方などを報告する資料ですが、その前段としての状況整理のところがフォーカスされて ニュースに取り上げられた感じなんでしょうか。

実際は、個人として金融資産をうまく活用しましょうね、という話だったりするので、 そのあたりに目を通さないとこの資料自体は意味がないような気がしました。 また、老後ということに限定する必要もなく、ライフイベントに備えた資産形成という話でも捉えられる気がしますので、 普通に目を通しておいて良い内容な気がします。

漠然と、子供とか周りに迷惑かけずに好きなことして悠々自適にくらしたいなぁなんて思ったりはしますので、 早いうちから少額ででも資産運用にチャレンジしてみて勉強くらいは始めたいところかと思います。

お金の心配なく暮らせる老後も理想かなと思いました。

www.fsa.go.jp

 


(関連記事)デジタル経済の時代でもありますね。

www.yusulog.com