クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

スマホアプリで手抜き家計簿|続かない人におすすめする明細入力しない簡単管理




めんどくさいと思う人でもできそうな、残高の確認とお金の使い道を労力かけずにやる方法。 現状、管理の楽さをとるなら、なるべくクレジットカード決済にして明細を残す&MoneyTreeで資産管理が良いかなと思います。

まとめて銀行口座やクレジットカードの情報を管理する

銀行口座やクレジットカードが複数あると、残高確認だけでもめんどくさい。 そこから自分の資産状況を計算したり、日々の収支を管理したり、なかなかの作業です。

そんな作業を勝手にやってくれたら便利ですが、そんなスマホアプリあります。 MoenyTreeとMoneyForwardが有名どころかと思います。

銀行やクレジットカード会社や証券会社にネット接続してまとめて明細をダウンロードできる。 アプリを開けば資産状況が確認できるアプリです。

ちょっと昔話 MicrosoftMoney

昔、MicrosoftMoneyというPCのアプリがありました。懐かしい。

あんまり大衆に浸透することもなく、ひっそりとMicrosoftのシリーズの中から消えていった印象ですが、 単純な小遣い帳的な家計簿管理ではなく、家庭の資産管理ソフトとして結構高度な機能を持ってました。

OFXファイルってやつで銀行からインターネット経由で明細取得できて当時としては画期的だななんて思ってました。 明細レベルでの予算機能とか、なかなかのソフトだったよなぁ。

ただ資産管理を現金含めて真面目に細かくやるって結構大変なことで、 資産間の移動ををちゃんと管理したり、現金の入出金の明細を細かく入力したりとかって、 それなりの労力がかかるということを学んだソフトでもありました。

それだけ細かく管理してどこまでの効果がでるかというと、、なんか疲れるって感じ。

とにかく簡単にならMoneyTree

資産管理の入門に、とにかく簡単に始めるということであればMoneyTreeがいいかなと思います。

moneytree.jp

Moneytreeをインストール、各種の銀行やクレジットカード、証券口座、ポイントのあるサイトを登録すると、 登録したサイトへアクセスして情報を集めてきてくれます。 集めた情報で、総資産の金額や、推移、明細を集計して支出の状況など、自分のお金の状況を一目でわかるように表示してくれます。

また、大口の取引があった場合に通知してくれる機能もあったりして、うっかり使いすぎ、なんてのにも気をつけることができます。

注意するところは、自分が使っているクレジットカードなどのサービスが、 Moneytreeで使えるかどうかを事前に確認してくというところでしょうか。

手抜き家計簿としての使い方

とにかく、労力かけずに手抜き管理という考え方での使い方、こんな使い方はいかがでしょう。

管理する分類を考える

家計簿をつける目的は、ざっくりとした分類単位での家計改善と考えることにします。 生活のための費用なのか、遊びのための費用なのか、将来に向けた自己投資なのかとか、 自分が管理したい分類を考えてみましょう。

使いたい、もしくは、使うべきところにお金を使えているかという 視点を持つことが大事かなと思います。 趣味にかけるお金とかこどもにかけるお金とか、自己投資とか。 自己投資とか削られがちな予算のひとつかなと思いますしね。

生活費を事細かな分類すると大変なので、手抜き家計簿としては、 せいぜい固定費としての"家賃"、"光熱費通信費"とかと、変動費として"食費その他生活費"くらいの ざっくりしたもので良いかと思います。

まずはざっくりとした分類を考えてみましょう。

なるべくクレジットカードやネットバンキングを利用する

そもそも、あんまり現金が好きではないです。 現金だと、銀行から下ろすのに手数料がかかってしまうことがあったりしますし。 なるべくクレジットカードを使うようにしています。

クレジットカードで支払えば、明細がデータとして残ります。 公共料金なんかもクレジットカードで大概払えると思います。 税金なんかも、クレジットカードではありませんが、ペイジー(Pay-easy)で銀行口座からネットバンキングで支払えたりします。

通販利用をふやせばクレジットカード利用が容易でしょうし、 リアル店舗でもだいたいクレジットカード対応しているところが多いですしね。

クレジットカードにしてもペイジーにしても、電子的に記録が残る支払い方法で支払ってしまえば、 Moneytreeに明細として取り込まれることになるので、何にどれくらいお金を使ったかが、 データを取り込むだけで大体わかってしまいます。

現金で使うものが限られてしまえば、ATM引き出しの金額なんかを、生活費として集計しちゃって問題ないと思います。

明細の分類を調整して収支を確認

Moneytreeは明細を分類して、支出を集計してくれる機能を初めから持っています。 AIなのかな、勝手に明細に分類つけてくれるので便利です。

が、分類は、最初に考えた手抜き家計簿のための分類へ付け替えましょう。 ざっくりした明細でも、このスーパーでこの日使ったのは生活費とかだいたい把握できると思います。 一度付け替えておけば、その後は勝手に同じ分類つけてくれますのでそんなに大変な作業にならないと思います。

付け替えた分類で収支を確認しましょう。 どの分類を増やしたいのか減らしたいのか、そこを確認した上で細かいチェックをするのが良いと思います。 レシートレベルの確認は、必要ならレシートためておいて紙でチェックすれば良いかなと思います。

手抜き家計簿のススメ

口座の残高確認もめんどくさいなと思う私のようなズボラなタイプのヒトには、Moneytreeはおすすめアプリだと思います。 まったく家計簿用に入力をしなくても、資産の増減の傾向や、大まかな支出の状況が確認できますよ。

家計をどういう目的で管理するのか、まずはそこを考えてみることが大切なことだと思っています。