クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

共働きの家事を楽にする|大事なのは考え方・家電やサービス活用・環境づくり

現在の働き方を考えた場合、家事負担の軽減は必要不可欠なものだと思います。 不要な家事を止めること、残った家事を自動化・効率化・外部委託することが必要で、そこに向き合う考え方と実践が求められます。 現在の現役世代は親世代とのギャップがある世代であり、育ってきた価値観から考え方を見直す必要があるかもしれません。

完璧を求めすぎていませんか

「超時短家事」とか、「ゼロ家事」といった言葉があるようです。 現代のライフスタイルを考えると、家庭内での活動も効率化が必要だという考え方でしょう。 共働き世帯数は、10年ほど前から専業主婦世帯数を超え、最近では2倍程度の差にまで広がっているようです。 良妻賢母といって女性が家を守る専業主婦の時代は、もはや過去の話というのが現実。

共働きで働きながら家事や育児をこなすのは、夫婦で家事分担していても、なかなか大変です。 専業主婦のレベルを求め出したら、時間的に不可能なことにチャレンジしている状態であり、いわゆる無理ゲーってものだと感じます。 家事は、楽してなんぼ、そもそも無くしてしまいたいくらいの感覚でいないと、疲れてしまうのではないでしょうか。 趣味のように楽しむ感覚でできるのが理想ですが、疲れて時間のないときは苦痛でしかないのでやらないにこしたことはない。

料理など趣味でやるのはすごく楽しい。でも、毎日の日常だとそういうわけにはいかない時も多い。 親としてこうありたいという理想とか、他人の目とか、あいまいな常識とかが気になって手を抜けないということもあるかもしれません。 神経質になりすぎて自ら疲弊していくのも、大人の背中の子供への見せ方としても、本末転倒な気もします。 イライラしていて良いことなどまったく思いつきません。 頑張りすぎて疲弊しないように、楽できるものは楽をするという考え方が必要だと思います。

道具を使った自動化やサービス利用で楽しよう

昔に比べて便利な道具が出ていると思います。 家事といったら、掃除、洗濯、料理、買物といったところ。 使える家電やサービスは、可能な限り使って楽をすればいいのじゃないでしょうか。 仕事で稼ぐための必要経費と捉えられる範囲であれば、使ったほうが良い。 家電やサービスなど、いろいろ本やネットで紹介されています。 我が家の状況も簡単に書いてみます。

掃除

まずはルンバ、言わずと知れたロボット掃除機。自動で掃除してくれます。 そして、ブラーバ、こちらもルンバと同じiRobot社から販売されている床拭きロボット。 ルンバ、タイマー起動で仕事中に勝手に家の中を掃除してくれます。 ブラーバはたまにセットして動かしてます。 あとは、コードレスのスティック型掃除機。ダイソンが有名です。 ルンバで掃除しきれないところは、ひょひょいっと手軽にお掃除。 掃除機のコードの取り回しとかの煩わしさもなく、気づいたときに手軽に掃除できます。 水回りなんかは、たまに業者入れてキレイにしてもらったりもします。

洗濯

洗濯は乾燥機付き洗濯機です。なるべく乾燥で、干す手間減らします。

料理

料理はこれから自動調理器関係を物色したいなぁと思っています。 ヘルシオのホットクックとか、ティファールのクックフォーミーとかが気になりますね。 Oisixの調理キットとか、Lowsonでもローソンフレッシュピックなるものが始まりましたし、 下ごしらえいらずのキットなんかを活用するのも良いでしょう。 冷凍食品やレトルトも活用しています。 ほんとにめんどくさいときは、UberEatsでデリバリーなんてのもやむなしということで。 食洗機はもう必需品ですね。

買い物

生協とか、Oisixとかの食材通販的なものはなにかしら利用しておくと便利です。 買い物に行く手間と重いものを持って帰るストレスからの多少の解放。 日用品にしても、Amazonの定期オトク便とか使うと楽です。 切れてから慌てて買いに行くのもストレスですから、あらかじめスケジュールしておくと非常に楽。 買い物に関してはネットで買えるのが本当に助かりますね。 AmazonPrimeとかヨドバシ.comだと配送が早いので、とても助かります。

環境を整えることも大事です

そもそも、家事が大変になるような環境にしないという発想、必要かなと思います。 ”ごちゃごちゃとモノが多い部屋”と”モノがすくなくスッキリしている部屋”ではどちらが掃除や掃除が楽か、と言えば後者でしょう。 ”洗いわけが必要になる洗濯”と”洗いわけが必要ない洗濯”ではどうでしょう、など。 片付けや掃除の対象になるモノを減らす、洗濯が大変なものは買わない、とかの対象そのものを減らす工夫をしてみる。

また、生活導線上に組み込める作業は組み込んでしまうというのも大事。 例えば掃除、使ったときにその場で掃除できるように掃除用具を配置しておくとか、 その場でできることはその場でちゃっとやって後回しにしない、というのができるとだいぶストレスが減ります。 やることを貯めてからまとめてやる、しんどくなる。。貯まった山を見るとやる気が失せますし。。

スマートスピーカーで音楽かけたりすることで、気分が変わったりもします。 残ってしまった家事、最終的には如何に楽しくやるかになってくるのかな。 こどもと一緒にゲームっぽくやってみるとかも良いですね。 肉体的負担、精神的負担、双方を軽減するアプローチで効率化していきたいと思います。

ダイソン 掃除機 コードレス Dyson V11 Fluffy SV14 FF ニッケル/アイアン/ブルー

ダイソン 掃除機 コードレス Dyson V11 Fluffy SV14 FF ニッケル/アイアン/ブルー


(関連記事)

www.yusulog.com