クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

ハ長調?Cメジャー?|音階(スケール)を書きだして覚えよう

長音階(メジャースケール)と短音階(マイナースケール)

子供の宿題に付き合っているのですが、子供に教えられないので勉強中シリーズです。 長音階は音の並びの各音の間の音程が、”全音-全音-半音-全音-全音-全音-半音”となる音の階段。 短音階は音の並びの各音の間の音程が、”全音-半音-全音-全音-半音-全音-全音”となる音の階段。 というわけで、

  • 長音階(メジャースケール)=”全全半全全全半”
  • 短音階(マイナースケール)=”全半全全半全全”

これを覚えた上で、それぞれのキーの場合にどういう並びになるのか覚えれば良さげです。 実際はキーになりうる音が12音ありますが、ドレミファソラシドの白鍵部分がKeyの場合をまずはということで。

長音階(メジャースケール)

ハ長調
(Cメジャー)

(C)

(D)

(E)
ファ
(F)

(G)

(A)

(B)

(C)
白鍵のみ
ニ長調
(Dメジャー)

(D)

(E)
ファ#
(F#)

(G)

(A)

(B)
ド#
(C#)

(D)
#が2つ
ホ長調
(Eメジャー)

(E)
ファ#
(F#)
ソ#
(G#)

(A)

(B)
ド#
(C#)
レ#
(D#)

(E)
#が4つ
ヘ長調
(Fメジャー)
ファ
(F)

(G)

(A)
シ♭
(B♭)

(C)

(D)

(E)
ファ
(F)
♭が1つ
ト長調
(Gメジャー)

(G)

(A)

(B)

(C)

(D)

(E)
ファ#
(F#)

(G)
#が1つ
イ長調
(Aメジャー)

(A)

(B)
ド#
(C#)

(D)

(E)
ファ#
(F#)
ソ#
(G#)

(A)
#が3つ
ロ長調
(Bメジャー)

(B)
ド#
(C#)
レ#
(D#)

(E)
ファ#
(F#)
ソ#
(G#)
ラ#
(A#)

(B)
#が5つ

短音階(マイナースケール)

ハ短調
(Cマイナー)

(C)

(D)
ミ♭
(E)
ファ
(F)

(G)
ラ♭
(A)
シ♭
(B)

(C)
♭が3つ
ニ短調
(Dマイナー)

(D)

(E)
ファ
(F)

(G)

(A)
シ♭
(B)

(C#)

(D)
♭が1つ
ホ短調
(Eマイナー)

(E)
ファ#
(F#)

(G)

(A)

(B)

(C)

(D)

(E)
#が1つ
ヘ短調
(Fマイナー)
ファ
(F)

(G)
ラ♭
(A♭)
シ♭
(B♭)

(C)
レ♭
(D♭)
ミ♭
(E♭)
ファ
(F)
♭が4つ
ト短調
(Gマイナー)

(G)

(A)
シ♭
(B♭)

(C)

(D)
ミ♭
(E♭)
ファ
(F)

(G)
♭が2つ
イ短調
(Aマイナー)

(A)

(B)

(C)

(D)

(E)
ファ
(F)

(G)

(A)
白鍵のみ
ロ短調
(Bマイナー)

(B)
ド#
(C#)

(D)

(E)
ファ#
(F#)

(G)

(A)

(B)
#が2つ

楽譜の最初、ト音記号かヘ音記号の隣に#や♭がついているので、それでどの音階の曲なのかが把握できる模様。#や♭のその数を数えるだけでも、ある程度特定されるので、♭1つならヘ長調かもよ、とか。 あとはどのキーの音階の曲を弾いているのか意識して練習して、体に覚えさせるというのも必要なんでしょうね。

 


(関連記事)本記事は、下記記事の続きです。

www.yusulog.com