クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

シンプルにどうありたいかを考えることから暮らしをはじめよう




2020年になりました。年が明け、新年の目標を考えたり、 今年をどう過ごそうか考えている人も多いのではないでしょうか。 年の変わり目は、生活習慣を見直したりするには良いタイミングですね。

少し考えてみよう

昨年が良い年だった人も少し悔いの残る年だった人も、 そこから上向いて新しい年を前向きに過ごすために、 年の始めに少しだけ、頭の体操をしてみてはいかがでしょうか。 少しでも早めに感覚を整えておけば一年の大半を使えます。 ちょっとした意識の変化だけでも効果があるかもしれません。

考えてみたいのは、 「今年の自分はどうありたいか」ということ。 漠然としていても具体的でもなんでも良いです。

  • 家族との時間をめいいっぱい増やしたい
  • 自分の趣味にぼっとうしたい
  • 休みたい
  • 仕事で出世する
  • ブログのPVを倍にする

とか。

振り返ってみよう

これをなんとなく考えたら、 「去年はどうだったか」考えてみます。 今年どうありたいと去年どうだったかは、大体は時系列で繋がると思うので、 本当はこうありたかったけど去年はこうだったなぁ、 というところがなんとなくは頭に浮かぶのではないでしょうか。

一応、どうありたいか、から考えてみるのが重要です。順番が重要。 自分が望むものを考えてから現状を確認しないと、望む方向にいけない可能性があるかな。

シンプルで意識しやすい目標があると前向きに過ごせます

ここまでが思い浮かんだら、あとは、今年どうありたいと去年どうだったのギャップの原因を考えて、 その原因を解消しようという話になってきます。 でも、意外と今年はどうありたいかが、特に思いつかないなぁと感じる人もいるんじゃないかという気もします。 少し考えて、一つでもいいので仮決めしてみましょう。あとで変えれば全然良いので。

今年はこうありたいとシンプルに明確に言えるという状態って、 それだけですごく健康的な感じがするんですよね。

それが言えるようになったら、それを実現するために 去年の状態とのギャップを解消するように努めていけば良いわけです。 気づいたことからちょっとづつやっても、一年あればチリツモでけっこう変わるかもしれませんよ。

とはいえ、個人の生活の場合って、 結果的には、ギャップ解消に必要なリソースをどう確保するのかという問題に尽きるような気はします。 まぁ自分や家族の時間をどう使うかですよね。あとは、お金を使って他のリソースを買うか。

最近はスマホを使って時間を管理したり、お金で買えるものとしては家事を削減できる家電だったりとか あるので、そういうものを活用するも良いです。そのあたり、本ブログで過去に書いたものがヒントになればなぁと。