クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

めざせ収納上手な生活上手|部屋がなぜ片付かないか原因を考えてみよう



部屋が片付けられないと漠然と思っていても、なにから改善すれば良いか、前に進まないかもしれません。 片付けられない原因を、少し分解して考えてみました。

片付いていない状態とは

ものが収納スペースに収納されていない状態。 本来収納スペースにあるべきものが部屋の生活空間に散らかってしまっている状態です。

自分が思う本来の状態から離れている状態ですのでストレスフルな環境と言えます。 本来の状態というところが非常に主観的ではあるため、人によって求めるレベル感は変わってきます。

この価値観の違いは共同生活ではストレスの原因になりがちな部分です。 すくなくとも生活導線をスッキリ確保しておくレベルにはしておきたいところ。

生活空間が散らかる原因

ものが収納スペースに収納されていない状態が、なぜ起こるのでしょうか。

収納すべきモノ > 収納スペース

単純にモノが多すぎる、もしくは収納スペースが少なすぎるために、 そもそも片付けることができない環境で暮らしている場合です。

これに思い当たる場合は、断捨離するか、家具を増やすとか買い換えるとか、効率的に収納できるような道具やテクニックを使うなどして収納スペースを増やす必要が出てきます。

まずは、収納スペースにモノが収まる状態をキープできるように断捨離に挑戦してみましょう。 結果、本当に必要なものが収まらない場合は収納スペースを考えましょう。 宝物は見せる収納にしたりとか、楽しく考えられると良いかもしれません。

実際の生活を考えると、収納スペースにギリギリ収まる状態は良い状態とは言えません。 少し余裕を持って収納できている状態をキープするようにしたいところです。 ちょっと新しいものを買ったり、貰い物をしただけでキャパオーバーになる状態だと、 すぐにルール崩壊してモノが部屋に溢れ出しかねません。

収納場所 ≠ 利用場所

片付けるのがめんどくさい環境になってしまっている場合です。 生活動線と収納場所が遠いと、利用するたびにモノを取りに行って、 片付けに戻ってという移動が発生してしまいます。 利用時に取り出しにくい収納の仕方になっているというのも、収納と利用の間の負荷増加という点で同様です。

急に他の作業が入った場合に、その場で片付けられる距離に収納場所があるのがベストかなと思います。 実際はどこにでも収納があるわけではないので難しいですが、生活動線とモノの収納が合わせられると良いと思います。

例えば、部屋着は洗面所に収納するとか。帰って洗面所で着替えてそのまま洗濯物を籠に放り込むと、 リビングに脱いだ服が放置されない。

慣れてしまっていてなかなか気づけないかもしれませんが、 意識してみるといちいち行ったり来たりしていることってあるので、 そういう場合に気づけたら収納場所最適化のチャンスです。

よく使うものが取り出しにくいところにあるというのも同じように解消したいですね。

気持ちや習慣の問題

そもそも片付ける気がないので片付かないという場合。 子供なんかは、これありますね。躾の世界ですか。

片付ける気はあるけど、すぐにあと回しにしてしまう場合。 その場で片付けるを徹底したいところです。 習慣化するまでは、意識して頑張るという精神論になっちゃうかな。 ただ、収納場所と利用場所が近ければすぐにできるので楽に習慣化できると思います。

変えるとしたら気持ちや習慣の問題が一番大変だと思います。 まずは、断捨離や収納場所の見直しをしてみて、 片付けへのモチベーションを養っていくところから始めるのがいいでしょう。

家族と一緒にそこから始められると、片付けに対する価値観が共有できてとても良いと思います。 子供とも一緒に考えてみるのもいいかもしれません。 ただ怒るだけを続けても疲れるので違ったアプローチを試すという意味で。