クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

4月から民法が変わるんですってよ




2020年4月1日に民法(債権法)改正が施行されます。民法の改正は、約120年振り(明治時代以来)ということです。

民法改正

民法は人と人とのやりとり全般に適用される大事な法律、という感じかなと思いますが、制定から120年以上変わっていなかったということ。

民法を前提としている法律への影響とか、影響範囲が大きそうですし、なかなか変えられるものでもないのでしょうね。

とはいえ、明治の時代と世の中そりゃあ変わってますから、流石に変えないといけないということになったんでしょう。2020年の4月1日から変わります。

法律の構成や考え方を全面的に変えるというよりは、判例の蓄積を反映して曖昧さを排除したり、消費者保護の観点で穴のあった部分の補強したりと、色んなところを修正したという感じのようです。

国民生活センターで公開されている解説がわかりやすいかなと思います。

桃太郎と学ぶ改正内容

改正内容について、法務省から出ている漫画がなんかシュールな感じで面白かったです。鬼退治から帰ってきた後の桃太郎の生活に現れる法務省の人。まずはこの漫画を見てみるといいのではないでしょうか。

法律に関しては、知らないことが災いして交渉ごとで騙されたり、弱い立場にされたりしてしまうということがありますので、2020年4月に大きな法律が変わるということは認識しておいた方がいいでしょう。

賃貸契約とか保証契約とかで何か不利を被りそうになったら、今回の改正で変わってないかとか調べてみるといいかもしれない。スマホがあるので、その場で調べられますから、いい時代です。