クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

2019年度も終わりですね



2019年度も終わりです。 通常であれば、入学や就職など、 新たな生活への期待に明るい顔した人たちの姿が眩しく目に写るような時期だと思いますが、 新型コロナの影響で期待というより不安の方が渦巻いてしまっているような状況でしょうか。

ドラッグストアに行っても未だマスクの棚は空になってますし、 トイレットペーパーも売り切れているところをよく見かけます。 近所のスポーツジムはしまってますし、 毎年恒例の桜のイベントも中止になっていたり。 こういう風景を目の当たりにすると、平常とは言えない状況なんだなぁと実感。

なんでトイレットペーパーが急に売り切れるんでしょうね。 古くはオイルショックの頃からの日本の伝統芸という感じでしょうか。

最近テレビをあんまり見なくなったので、どういう報道がなされているのかに疎いですが、 twitterで公的機関をフォローして情報を見ていたりすると冷静な対応が呼び掛けられていますが、届いていない層が多いんでしょうかね。 テレビではそういう呼び掛けないのかしら。 逆にチェーンメールみたいのだけ届いているとかありそうだなぁ。

こんな外出自粛ムードになって感じたことがあります。 雰囲気的に非接触が好まれる世界になったと思いますが、 そもそも、ここ数年の生活変化で、人との接触の機会が意外と減ってたんだなぁということ。

衣類、電化製品などなど、AmazonとかzozotownとかYodobashi.comで買っちゃうので あんまり百貨店、電気屋とか行かなくなってますし、 Oisixとかを使っているから買い物の頻度も昔より少なくなってます。 書籍も電子書籍しか買わないからあえて本屋に行かなくてもいいですし。 宅急便の人と会うことは増えてるのかな。

買い物に行ったとしてもスーパーとかでもキャッシュレス決済でピッとやるので、 釣り銭のやりとりで接触することもないですしね。

テクノロジーの進歩で生活が変わってきてたんだということを、 なんかふと実感しました。 このまま、新型コロナが長期戦になってくると、生活に浸透するオンラインサービスが増えてくるかもしれないなぁとか思います。