クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

電子書籍リーダーで進める暮らしのペーパーレス化|便利なKindle Paperwhite

本って買いますか?

久しく紙の本を買っていない。 読書は好きなので、本を買っていないわけではない。 "紙"の本を買っていない。 電子書籍を買っている。

紙の本が嫌いなのかというと、 そういうわけではない。 紙の手触り、匂い、むしろ好き。 紙のマンガとか、新刊を手にしたときなんか、 インクの匂いなんだろうか、 なんか、ワクワクした気持ち。 お気に入りのブックカバーやしおりだって持っている。

いつからか、もう便利さにあがらえなくなった。 一台?というのかな、の端末に、 お気に入りや新しく買った電子書籍を全部ダウンロードして、 新幹線での移動でも、在来線での移動でも、 好きなときに好きな本を読む。

ふと読みたくなった昔読んだ本だって、 クリック一発すぐに読み始められる。 かばんの中に何冊の本を持っていることになるのか。 数えたことはないけれど。

書店は好きです

書店にはよく行くほうだと思う。 でも申し訳ない、本は買わない。 書店は本との出会いの場、なんとなく世の中のトレンドもわかるし、 店員さんの作ったPOPは、工夫されていてとても楽しい。 良本との出会いを演出してくれる。 静かだし、居心地が良い。 でも最近の書店は立ち読みが全然できないところもある。

オリラジあっちゃんがどこかで発言していた、メディアとしての書店。 本棚は広告ディスプレイのようなものかもしれない。 POPにアフィリエイトリンクでも印刷しておいてくれればよいのに。 QRコードかなんかで。

思い切って本棚の本を処分してみた

結局、好きな本は電子書籍で買い直してしまった。 だから、思い切って本棚の本を全部古本屋さんに売ってみた。 段ボール数箱分、出張買取で持って行ってもらった。

結局、本棚に綺麗に立てて収まりきらなくて、 立てた本の上に横にしておいたり、立てた本の前に積んでおいていたり。 本棚の見た目がすっきりする、絶妙な量の本が本棚に存在する期間は短い。

なんで旅行の本とか、資格関係の本とか、中途半端な大きさで、 その大きさもバラバラで、無駄に分厚くて重かったりとかするのだろう。 全然モデルルームみたいには揃わない。

そんな雑然とした景色がなくなった。 すっきりした。 空っぽの本棚はいらないから、本棚も処分した。 部屋が広くなった。

観葉植物でもおいてみようかな。 すっきりした部屋で、緑を横目に、電子書籍で 読書するのもいいかもしれない。

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー

Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB 広告つき 電子書籍リーダー

 


(関連記事) www.yusulog.com