クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

音声操作はとっても便利|スマートスピーカーで取り戻すミュージックライフ

スマートスピーカーには、2つの側面があるかと思います。 音声操作できる便利なスピーカーというのがひとつ。 その他の機器にネットワークを介し接続することで、接続した機器の音声操作指示装置となれるというのがひとつです。 便利なスピーカーは、音楽聴くのがとっても便利なスピーカーです。

 暮らしの中に音楽を取り入れる

音楽はくらしを彩ってくれる素敵な存在。シーンに合わせて素敵な音楽が流れていると、ちょっとした休憩のリラックス感が変わったり、日常生活の満足感を高めてくれます。

オーディオセットの前で本格的に楽しむような音楽の楽しみ方も素晴らしいですが、スマートスピーカーは、そういう楽しみ方とは違う、ダイニングやリビングなどの普段の暮らしをする空間に、手軽に音楽を流せる存在です。ちょっと生活スタイルが変わるかもしれませんよ。

スマートスピーカーでできること

 スマートスピーカーとストリーミングサービスが、より音楽を身近で手軽なものにしてくれます。

必要なのは「スマートスピーカー」+「定額制ストリーミングサービス」。うちは、キッチンとリビングダイニングの間のカウンターの上にAmazon Echo(アマゾン・エコー)を置いて話しかけています。

 

「アレクサ、オアシスかけて」

「アレクサ、人気のJ-POPかけて」

「アレクサ、子供向けの音楽かけて」

 

話しかけるだけで再生できるということが、音楽かける頻度をこんなに変えるなんて、というのが我が家の感想です。キッチンでの仕事の最中、ダイニングテーブルでお茶を飲むとき、などなど、音楽聞くことが増えました。カフェミュージックなんかかけて雑誌でも読んでいると、とてもゆったりした時間が過ごせて、心が休まります。

自分が買った曲だけを聴くという訳ではないので、知らない曲が流れてくることも多々あります。お、この曲なんかいいねって感じで、知らなかった曲に出会えるとなんだか嬉しくなりますね。

テレビつける頻度が減って作業効率もUP

スマートスピーカーは、音声入力可能なデバイスで、いろいろなことができそうな新しいもの、新しいデバイス好きな一部の人にしか使えない、と思われているかもしれません。ただ、所詮スピーカーという言い方もできます。

スピーカーでなにするかというと、音楽聴くとかラジオ聞くということで、それが音声操作で使えることが便利ですよ、ということが素晴らしい、良いところ。

我が家では、音楽聴きながらなにかすることが増えたら、テレビつける頻度が減ったんですが、テレビって、前に張り付いて何もしなくなるので、その時間が減るとちょっとした作業とか片付いていくペースが上がったような気がします。

スマートスピーカーの種類

スマートスピーカーには、AmazonのAmazon Echo、googleのgoogle home、Lineのclova、appleのHomepodなどがあります。

音楽定額制サービスは、AmazonEchoで使えるものなら、amazon music、awaなど、google homeで使えるものならgoogle play music、spotifyなど、appleの場合はapple musicなど、対応状況を確認して、スマートスピーカーと音楽サービスの組み合わせを検討するのが良いでしょう。

 すでにAmazonプライム会員の方の場合はPrime musicも使えますし、お手軽なのでAmazonEchoを試してみても面白いのではないかと思います。プライムデーなんかで安くなるので、そのタイミングを狙ってみても良いかもしれませんね。

 


 (関連記事)音声操作指示装置としてのスマートスピーカー

www.yusulog.com