クラシトネット

くらしやネットに関することを中心としたブログ

ドレミファソラシドとハニホヘトイロハとCDEFGABC|音名?音階?の呼び方

ドレミファソラシドとハ長調とかト長調とか

音楽の授業みたいな話です。 知っている人にはなんてことない話なんでしょうが、子供のピアノ教室の宿題の相手をしていて 全然覚えられないので、ブログにアウトプットすることにしました。

ドレミファソラシドで弾いている曲の最後に落ち着く音がソだからト長調だよね、 とか言われてもなぜ”ソ”が急に”ト”になるんじゃいという、昔授業でやったんでしょうけどね。

イタリア式 ファ
日本式
英米式 C D E F G A B C

という感じで音名が対比、まずはこれを覚えてみようと思います。 子供のころから馴染みがあるのはドレミファソラシド、 これってイタリア語だったんですね。 かたや音階になるとハ長調とかいって日本式。 ちなみにギターなんかは英米式のアルファベット表記が基本でしょうか。

日本式は途中から始まるのであって”イ”から始まらない。 英米式もそう、”A”から始まらない。 ”イ”と”A”はどっちも”ラ”。”ド”は”ハ”であって”C”。

ドレミファソラシドは階名としても使われるという話のようですが、 そこは一旦忘却の彼方へ放り投げよう。

日本式音名に”長調”、”短調”って付けたのが日本式の音階名ということだと思います。 音階に関してはイタリア式音名で言われることはないんでしょうかね。 英米式だと、”音階”=”スケール”という言い方で”長調”=”メジャースケール”、”短調”=”マイナースケール”という対比になるのかな。 ハ長調はCメジャースケール。

ト音記号とヘ音記号

楽譜の最初に五線譜の音を決めるニョロニョロした記号も、日本式に言うのが一般的なんでしょう。 ”ト音記号”か”ヘ音記号”しかみたことないですが、ト音記号の”ト”は”ソ”、ヘ音記号の”ヘ”は”ファ”ということで、 これはなにを表しているかというと、ニョロニョロの書き出しの位置がそれぞれ”ソ”と”ファ”を表していると。 ト音記号、ヘ音記号のイタリア語の言い方を直訳すると、ソ記号とファ記号になるみたいなんで、そのままソ記号とファ記号で覚えたほうが わかりやすいかもしれませんね。

よく見る楽譜は、右手で弾く上段の五線譜は、下から2番目の線を”ソ”として書き出すト音記号のもの、 左手で弾く下段の五線譜は上から2番目の線を”ファ”として書き出すヘ音記号のものの組み合わせ。 この場合は上段の五線譜の下になる”ド”の音と、下段の五線譜の上になる”ド”の音は全く同じ”ド”の音になると。 で、この”ド”がピアノの中央の”ド”の音で、上段五線譜が右側主体、下段五線譜が左側主体になるという感じなのかな。

他にもハ音記号とか、楽器によってはト音記号やヘ音記号の書き出しの位置が違うこともあったりするみたいですね。 意外とややこしい。

音階はCメジャーとかの英米式の方が覚えやすいかなぁ、次は音階をまとめてみようかなとも思います。 ピアノの白鍵だけで作る音階、ドレミファソラシドでハ長調、ラシドレミファソラでイ短調なんかな。 プロはハ長調とか日本式の表記を使っているんでしょうか。 こんな無駄な変換を子供に身につけさせていいことあるんだろうかというのは若干疑問。

 


(関連記事)

www.yusulog.com